ワカジツな日々

フリーランサーとして活動する日々のブログ(ほぼ雑記ブログ)

ワカジツな日々

任意整理はクレジットカードのリボ払いに使える?クレカの支払いを任意整理する利点と欠点とは

リボ払いは任意整理できる?

借金300万円を任意整理で返済中のワカジツです。


生活費やショッピング代を何回もリボ払いで支払っているうちに負債がかさみ、借金の負担を減らすためにも任意整理を検討しているという方は少なくありません。


ですが「任意整理をやってみたいけど、クレジットカードのリボ払いは適用されるの?」と疑問に感じている方は多いのではないでしょうか。


実はクレジットカードのリボ払いは任意整理の対象であり、借金の利息をカットして月々の支払いを減額することができます。


もちろん減額するにあたってデメリットとなってしまう部分もありますので、本記事ではクレジットカードのリボ払いを任意整理した際に生じるメリットとデメリットを説明します。


「借金の返済が追い付かずに毎月お金が無くて辛い」「任意整理をして楽になりたい」
と考えている方はぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードのリボ払いを任意整理したらどうなる?仕組みとメリットの解説

クレジットカードで手続きをしようとしている人の画像

任意整理はクレジットカードのリボ払いにも適用できるため、「リボの支払いで毎月返済が大変」という方も任意整理の恩恵を受けることができます。


実際に僕もリボ払いによる月の返済額が6万円ありましたが、任意整理を行った結果毎月の支払いが3万3千円になりました。


「なぜ任意整理でそこまで返済額が減るの?」と感じている方もいるかと思いますので、こちらでは任意整理の仕組みとメリットについて解説します。

年利15%と高い利息を全てカットし、元金のみを返済できるようになる。


「リボの支払いが中々終わらない」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。


実はクレジットカードの年利は15%と非常に高く、例えば100万円をリボ払いで返済していると年間で15万円の利息が付いてしまうので、毎月12,500円+元金返済という形になります。


毎月3万円ずつ返済しても元金は約2万円ほどしか減らない計算となり、返済までに30万円近く利息を払わなければなりません。


任意整理をするとこの利息を全てカットできるので借金の負担が減り、月々の支払いが安くなります。


特にリボ払いは「毎月の元金返済額を5,000円から設定できる!」と、低価格で返済できる点をメリットとしている会社が多いですが、元金返済額が少なすぎると利息ばかりを払い続けてしまうこととなり注意が必要です。


「リボ払いで借金が減らずに苦しんでいる」という方は任意整理を検討してみましょう。


【あわせて読みたい】
www.wakajitsukohei.com

家族や恋人にバレることなく任意整理できる。

借金の理由にもよりますが、「家族や恋人には借金の存在をバラしたくない」と考えている方は少なくありません。


ぼくも300万円の借金の理由がギャンブルと投資のため情けなくて言い出せず、いまでも親には黙った状態で借金返済を続けています。


任意整理は家族や恋人にバレることなく手続きを行えるので、人に知られずに借金を減額可能です。


任意整理は裁判所など法的な手続きを通さず、司法書士や弁護士を代理人としてカード会社と直接話をするだけなので第三者にバレることがありません。


「誰にもバレたくない」と考えている人は多いので、書類を自宅郵送ではなく事務所引き取りにするなどの手続きをとってくれます。


「任意整理をやりたいけどバレるのが怖い」と考えている方は早めに任意整理を行って借金から解放されましょう!

二度とクレジットカードが作れないの?任意整理のデメリットとは

任意整理したのでクレジットカードを切り刻んだ際の画像

任意整理は借金が誰にもバレずに減額できるというメリットばかりではなく、デメリットも存在します。


もちろん合法的な手続きのため基本的に問題は無いのですが、人によっては苦しんでしまう可能性もありますので、デメリットも踏まえつつ任意整理を検討するようにしてみてください。


こちらでは任意整理のデメリットについて説明します。

ブラックリストに登録されるので5年間はクレジットカードを作れない

任意整理と聞くと「クレジットカードを二度と作れなくなる」と考えている方は多いですがこれは間違いで、「5年間はクレジットカードを作れない」という内容が正解です。


任意整理をすると信用情報機関にブラックリストとして登録されてしまうため、クレジットカードの作成や住宅ローンなどを組むことができません。


ただしブラックリストの登録は任意整理を行ってから5年間ですので、5年後にはカードを作れますしローンも組めるようになります。


ぼくも任意整理を行った際に、司法書士との会話で「将来的にずっとデメリットなるような点は存在しません」とはっきり言われました。


つまり早ければ早いほど将来に影響はありません。
むしろ借金があるとローンにはほぼ通らないので、任意整理でキッチリ借金を返済してからマイカーやマイホームについて考えたほうがいいのではないでしょうか。


クレジットカードが使えないというデメリットに関してはデビットカードでほとんど対応できる
ため影響も少ないし特に困ることはないので、「借金を何とかしたい!」と考えている方は早めの任意整理を検討してみてください。

場合によっては3年で返済しなければならず、月の負担が重くなる可能性がある

任意整理は借金を3年~5年間で返済するという手続きですので、クレジットカード会社によっては3年間での返済を求められる可能性があります。


例えば200万円の借金を月4万円ずつ返済している人が3年で完済しなければならないとなると、月5万5千円を返していかなければなりません。


ぼくは200万円のカードローンの任意整理を断られたことがあるのですが、弁護士から言われた理由の1つに「借り入れ期間が短いので返済期間が3年になってしまう可能性がある」というものがありました。

【あわせて読みたい】
www.wakajitsukohei.com


クレジットカードに関しては全て4年~5年間での返済ということで手続きができたので心配はないかと思われますが、状況によっては負担額が増えてしまう可能性もあるので司法書士や弁護士とちゃんと打ち合わせるようにしてみてください。

クレジットカードを任意整理することはメリットの方が大きいので検討してみよう。

クレジットカードとお金の画像

クレジットカードのリボ払いを任意整理するメリットとデメリットについて説明しましたが、任意整理はメリットの方が大きいのでぜひ検討してみてください。


実際に借金を任意整理したぼくの感想としては間違いなくやってよかったですし、日々の生活にも若干ですがゆとりが持てるようになりました。

フリーランスで月収15万円程度のぼくでもゆとりが持てているので、サラリーマンとして働いている方ならもっと豊かに暮らせて行けると思います。


任意整理を行うのであればまずはインターネット上で無料でできる借金減額シミュレーターがオススメです。


いくら借金が減額できるのかインターネット上で診断可能ですので、任意整理に少しでも興味がある方は試してみてください。


・借金がいくら減額できるか知りたい方はこちら→


【任意整理について流れを詳しく説明した記事はこちら】
www.wakajitsukohei.com


任意整理を行って、有意義な生活を取り戻しましょう!

ぼくも早く返済できるよう頑張ります。