ワカジツな日々

フリーランサーとして活動する日々のブログ(ほぼ雑記ブログ)

ワカジツな日々

【書籍:ウケる!トーク術】これを読めば面白い話し方のコツが掴めるかも!

f:id:wakajitsukohei:20180420185805j:plain
ワカジツです。

今回は私が読んでいて勉強になった本を紹介。

皆さん日常で使えるウケるネタってお持ちですか?

私はネタなんてほとんど持っていなくて、唯一持っているネタが「高校生の時に座高が1メートルを超えた」という話なんですが、この話題5秒で終わっちゃうんですよね。

いつも話を聞く側に回って、合コンや飲み会で印象に残らないんです。他に話す内容も平平凡凡だし。

もっと面白い話ができるようになりたいなー(というかモテたいなー)と思っていた時に、この本に出会いました。

お笑い芸人から学ぶ?あの人たち天才でしょ?くらいに思っていたので軽い気持ちで読み始めたのですが、

めちゃめちゃ詳しく書かれている!!

「どうやって話を考えてるの?」とか「どうやって伝えればいいの?」とか論理的に解説してくれています。

折角良い本を読んだので、私が勉強になったと思う所を紹介します。

まずは、なぜトークがウケないのか?から考える。

やはり、まずは原因を考えることから始まります。

話がウケない理由を

1,自分の気持ちに原因がある
2.話の内容に原因がある
3.話の組み立てに原因がある
4.話の伝え方に原因がある

の4つに分類できるのです。


私はまず1が苦手でした。会話のボールが自分に回ってきたときに、ウケる自信が無いからすぐに手放してしまうんですよね。

まずはしっかりと自分のメンタルを保って、堂々と話をすることが大切なようです。

そんなの言われなくてもわかっとるわ!という人にも安心。上達方法もちゃんと記載されています。

例えば『人に視線に慣れる為に電車内で出来る対処法』や『知らない人と話すことに慣れる方法』などをわかりやすく書いてくれています。

というか、1~4全部に具体的な対処法が書いてあるので、めちゃくちゃ参考になります。

もちろん気持ち悪い行為は無しですよ。電車の中で何するの!?みたいになりますが、いたって普通の事でした。

内容は書籍で確認していただくとして、誰でもできる簡単な方法で自分の心を強くできます。

この対処法を知っておくだけでも日々の生活が成長の場になる事間違いなしです。

話のネタを拾うコツ「アニキとタケシが過去住職」

そもそも、ウケるネタなんて持ってねえし!!という方に向けて、ちゃんと「ネタ探し」の方法を解説してくれています。

「アニキとタケシが過去住職」

は?ってなるかもしれませんが、いたってまじめです。

「ア」…遊び
「ニ」…ニュース
「キ」…季節
「ト」…友達
「タ」…旅
「ケ」…健康
「シ」…仕事
「ガ」…学校
「カ」…家族
「コ」…恋人
「ジュウ」…住居
「ショク」…食事

この中からネタを探して、面白いトークに組み立てていくのです。

私の唯一の持ちネタ「座高1メートル超え」はどこに分類されるんでしょうね?いやこれ結構使う場所があるんですよ。

初対面の人と話すことが無くなると、身長の話に行きがちなんです。マジで。


使えそうな話が見つかったら、それを「5W1H1D」にまとめます。5W1Hは英語の授業でよくやったやつで、それに「Do(どうした)」を足します。

いつどこで誰が何をなぜどのようにどうした」とすること話のネタを組み立てます。

なんだか、これなら自分でも作れそうですよね?これだけ多くのテーマがあれば何かしら面白い出来事だってあるでしょうし。

トークに肉付けを行い、面白い話を構築していく。

5W1H1Dで話をまとめたら、次は「自分の感情」を入れつつ起承転結に沿って肉付けを行います。

確かにお笑い芸人さんも「めっちゃしんどくて~」みたいな感じで感情を入れていますもんね。

後は笑いには緊張と緩和が大切らしいです。

自分の気持ちを入れて「どうなるのどうなるの?」って思わせてから一気にオトすというのが重要なテクニック。

これを行うために、構成方法や話し方をしっかりと考えなくてはいけないんですね。

あとちょっとくらい脚色したれ!って書いてました。

嘘はダメだけど、話を盛ることは必要に応じてやりましょうってこと。

これですべらない話の完成ですね。

最後に  実際に自分でもネタを作ってみた

さっきの座高の話とは別に、1つ話を作ってみました。(想像で美女と会話しているようにしました


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私「前に勤めていた会社での話なんだけど。前の会社は鉄の加工品を売っていたのね」

美女「うん」

私「うちの会社は加工品を工場から仕入れて売るんだけど、自分のミスで商品を作るのを忘れてたんだ」

美女「あら」

私「制作に10日かかるのに納期まで5日しか無くて、いつも作ってる工場も『そんな納期じゃ無理だよ!』って断ってきたの」

美女「あらら」

私「で、色々な工場に電話をかけまくっても全部断られて」

美女「たいへん」

私「それで電話をかけてない工場が、めちゃくちゃ厳しいオヤジさんがいる工場だけになっちゃったのよ」

美女「うん」

私「普段から職人気質でめっちゃ怒るし、正直あんまり電話したくなかったんだけど、ワラにもすがる思いでかけてみたの」

美女「うん」

私「電話して、『私が忘れてて5日で作らないとダメなんです~』ってめっちゃ泣きそうになりながらお願いしたのよ」

美女「ふむ」

私「そしたらオヤジさんが『5日ぁ!?!?』ってめっちゃ怒り気味に言ってきたから、ああもう終わったと。絶対やってくれないわと

美女「あら」

私「そう思ってたらオヤジさんがちょっと沈黙したあとに……




『5日もあったら、鉄がサビちまうぜ!』




って言って作ってくれた」






美女「ブッフォwwwwwwwwwwwwwヒョホホwwwwwwww」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

はいウケましたね

書いてて死ぬほど恥ずかしくなって今すぐにでも消したいですが、機会があれば仲のいい友達で試してみたいと思います。


本の中には話し方に関する記述もありましたが、話が下手な私が説明するより本を読んだほうが早いと思うので、実際に手に取って確認してみてください!


買う価値は十分にありますよー!しかもKindle Unlimitedなら無料のようです!


私は早急に友達とアポを取って話を披露してみたいと思います。

ではまた!