ワカジツな日々

フリーランサーとして活動する日々のブログ(ほぼ雑記ブログ)

ワカジツな日々

春だから「さくら」というタイトルの曲を死ぬほど聴いた【全21曲】

f:id:wakajitsukohei:20180417001556j:plain
ワカジツです。

春らしいことしてないなあ!

先日お花見に行ったらものの見事に緑一色。麻雀だと役満ですよ。

しかも雨。普通に寒かったので苦行のピクニック修行でした。


ぐやじい!!


春らしいことがじだい!!!



ということで、日本でよくあるタイトルランキング上位である「さくら」というタイトルの曲を全部聴きましたので紹介します。

全部と言っても、基本はGoogle Play Musicの聴き放題にあるやつ。
あとはYouTubeにあるやつも聴きました。


ではご覧ください!

さくら/ケツメイシ

世の中の「さくらという曲で思い浮かぶのは?」ランキングも非常に高いであろうこの一曲。
ほぼミリオンヒットですからね。名曲です。
ラップの曲でここまで売れるのも珍しいですね。歌詞・メロディ共に素敵です。
個人的には最初のラップに入る「さくら散りだす 思い出す意味なく」という場所が好きです。

さくら(独唱)/森山直太朗

(独唱)が入っているけどセーフにしました。
こちらも名曲ですので聴けばわかる。って感じです。
冒頭の「ぼーくらはー」という部分を「ぶぉぉおぉくらはあぁぁぁ」と歌うのが流行ってました(個人的に)

さくら/ベリーグッドマン

全然存じ上げなかったけど、聴いてみたら普通にいい曲でした。
こちらの「さくら」もメロディはラップ調ですね。
桜には出会いと別れの意味があると思うのですが、こちらは別れにフォーカスを当てた曲です。
卒業テーマで紡がれる言葉が思い出を蘇らせてくれます。

さくら/井上苑子

ケツメイシのカバーでした。
映画のエンディングだったようです。
女性がラップを歌うのか、どうなるんだろう?と思っていましたが、ラップの部分は男性が歌っていました。
ちょっと笑ってしまいました。

さくら/amazarashi

めちゃくちゃメッセージ性が高いです。
訴えかけるような歌い方ですが内容が切なくて、言葉の1つ1つが胸の奥にグサグサと刺さります。
『投げ捨ててきた涙拾い集めて 今年も気づけば春だった』という一節が好きです。
最後のシャウトが悲しい……。

さくら /チャオ ベッラ チンクエッティ(旧:THE ポッシボー)

こちらは女性アイドルグループの1曲。ギャル感大人の女性感が強い方々です。
ユニコーンの方が書かれた曲みたいです!
歌が上手!男性目線の女性に対する淡い思い出を、ゆったりとしたテンポで歌い上げています。

さくら/やなせなな

シンガーソングライターのやなせななさん!
暖かくて芯のある歌声が優しく包んでくれるような感覚です。
桜を見ると「あなた」との別れ(おそらく死別)を思い出してしまうため、『さくらはわたしの 大嫌いな花』と歌われています。
でも、「あなた」は桜の花びらに姿を変えて見守ってくれていたんだと気づき、最後には『さくらはわたしの 大好きな花』と変わります。
普通に感動しました。

さくら/SHACHI

ベースラインがカッコいいです!
こちらの桜は花咲か爺さんがモチーフになっているのか『にぎりしめた灰は 決してごみなんかじゃない』と表現。
すごく前向きな歌詞が心に刺さります。
『逃げ出すのは簡単だ 隠れるのも簡単だ 続けることは困難でも 理屈じゃないだろう?』
カッコいいです

さくら /真宮寺さくら(横山智佐)

サクラ大戦の曲か!
和風なテイストが強いですね。ピアノの心地よさと、透き通った声が可愛らしくて素敵です。
アニメは見たことが無いけど、こんな曲が流れてきたら泣けそう。

さくら/高野健一

かなり爽やかな曲調なのに歌詞が悲しすぎる……
命の大切さがずっしりと伝わります。
別れは辛いなあ。

さくら /高野千恵

高い歌唱力が魅力的です。しっとり優しく歌い上げられています。
季節が来るたびにあの人との別れを思い出してしまうという内容です。
『もう一度あなたに甘えられたら』という歌詞が切ない。

さくら/nobodyknows+

ハイ出ました恋の話!
これは歌詞にやたらとリアリティがあって何とも言えない気持ちになります。
ラップは文字が多いので情景が浮かびやすいですねー。

さくら/熊猫xiongmao

お、ロックな曲調だ!いいね!と思ってたら開幕から中国語でびっくりした!
途中で日本語出てきてさらにびっくりした!
中国語は大学で習ったけど「我没有中国人的朋友」という文しか覚えてない。
ちなみにこれを中国人に言ったら結構ウケるからおススメ。意味は調べてください。
最後右から左から声が出てきて目が回りそうになる!

さくら/BUCK-TICK

激しいロックバンドの印象があったけど、こんな曲もあるんだね。
『ちぎれた体に救は無い クスリは悲しいだけ』って部分がなんか泣ける。
あと歌詞にさくら感が無さすぎてびっくりした。

さくら /森山良子

お母さんも歌ってるんかい!

さくら/Syrup 16g

『昨日が未来のかけらなら 明日だって思い出だろう』という歌詞が深い。
「さよなら」や「悲しくて」という歌詞を連呼していて、歌い方から情景が浮かぶ。

さくら /DUFF

かなりポップだけど、別れの曲。
何となくキングオブJ-POP的な歌詞に感じた。

この曲が悪いわけじゃないよ、この曲が悪いわけじゃないんだけど、ここまで10曲以上さくらの曲聴いてるからちょっと同じに聴こえちゃった。
ふつうに良曲そうなので耳からさくらが抜けたら又聞いてみます。ごめんね。
あとPVが可愛い。

さくら/大知正紘

声が甘い!切ない!
さくらの曲は切ない曲が多いねー。
PVが悲しい。

さくら/capsule

中田ヤスタカ!テクノポップの王道とJ-POPの王道が融合した感じ。
この曲は結構前向きで、「新しい出会い」に対してもときめいている歌詞。
あたたかな雰囲気が読み取れます。

さくら/伊東歌詞太郎

名前が珍しいな!尾崎世界観ばりに珍しい。
めっちゃ爽やかな曲でした。
片思いの曲かな?『終わりより始まりを見よう』という歌詞が素敵。

さくら/キンモクセイ

キンモクセイは柔らかい歌声なので好きです。
やっぱりさよならしちゃってました。
この人たち「さくら」関連の曲を一杯カバーしてるアルバム出しててちょっと面白かった。
でもキンモクセイのチェリーとか聴いてみたいな。

最後に感想

一気に全部聴くのはさすがにちょっと疲れた。
「さくら」という曲は歌詞が結構別れの曲が多かった!
語彙力が無さ過ぎて何回「切ない…」って言ったかわからん。そして最後になるにつれて書く事が無くなってる感がすごい。
私的には桜は「入学」とか「新たな出会い」という印象が強かったのだけれども、J-POP界ではそうじゃないみたい。
有名な「さくら」だけじゃなくても良曲ばっかりだったので聴いてよかったです!
大した感想を書けませんでしたのでもっと精進します!

本当は「桜」も聴こうとしたんだけどそれをすると30曲くらい増えそうなのでやめた。脳みそがピンクになるわ!
「sakura」も入れると更に20曲増えるよ。

いずれはコンプリートしますけどね。

Google Play Musicは色々な曲を定額で聴けるので楽しいです!

来年こそは脳内だけでなく目で桜を見れるように今から花見の計画立てます。

ではまた!


よければ以下の記事もご覧になってください!
www.wakajitsukohei.com